SHONAN BELLMAREサポーターズサイト【暴れん坊湘南】SHONAN-KING.NET
LastUpdate:2017.10.18
Since 2001.12.01

トップ >湘南ベルマーレの紹介

湘南ベルマーレの紹介

会社名 株式会社湘南ベルマーレ
本社所在地 神奈川県平塚市中堂12−25
TEL 0463-25-1211(代表)
ホームタウン 厚木市・伊勢原市・小田原市・茅ヶ崎市・秦野市・平塚市・藤沢市・大磯町・寒川町・二宮町
設立 1999年12月8日
チーム名の由来 ラテン語のBellum(ベラム/美しい)とMare(マーレ/海)から、湘南の「美しい海」をイメージ
クラブカラー ライトグリーン、ブルー、ホワイト
クラブマスコット 愛称:キングベルI世
湘南海岸をイメージし、海を司る神「ポセイドン」をモチーフにしたもの。
力強さに、戦略に長けた老練さをプラスして、敵のフォーメーションを粉砕する。
手に持つ三又の鉾はポセイドンの象徴。頭の冠は湘南に打ち寄せる波をかたどっている。
役員
代表取締役 真壁 潔 湘南造園(株) 代表取締役
常務取締役 谷川 寛人 (株)リズメディア  代表取締役
取締役 大藏 律子 平塚市長
取締役 福澤 正人 平塚商工会議所 会頭
取締役 竹内 恵司 (株)サン・ライフ 社長
取締役 小島 正伸 (株)小島組 代表取締役
取締役 鈴木 博晶 鈴廣かまぼこ(株) 代表取締役社長
取締役 萩原 裕之 (株)リズメディア 専務取締役
取締役 宮内 ミナミ 産業能率大学経営情報学部 学部長
監査役 古屋 守久 平塚信用金庫 理事長
監査役 水戸 重之 弁護士 TMI総合法律事務所
事業内容
1. サッカークラブの運営
2. サッカー選手、指導員の育成
3. サッカー試合の開催、運営
4. サッカー競技場等スポーツ施設の保有・運営・管理
5. プロサッカー選手のマネジメント業務
6. スポーツに関するイベント企画・運営・管理他
7. 広告・宣伝業
8. 前各号に付帯する一切の業務
資本金 434,800,000円
決算期 1月
株主
株主 持株数 持株比率
財団法人平塚市開発公社
1,280
12.80
グッドウィル・グループ株式会社
1,000
10.00
学校法人産業能率大学
1,000
10.00
株式会社リズメディア
600
6.00
平塚市
470
4.70
平塚商工会議所
320
3.20
湘南造園株式会社
260
2.60
アプトホーム株式会社
200
2.00
相模石油株式会社
160
1.60
株式会社サン・ライフ
160
1.60
荒井商事株式会社
160
1.60
湘南ケーブルネットワーク株式会社
160
1.60
平塚信用金庫
160
1.60
学校法人鶴嶺学園
120
1.20
松上産業株式会社
120
1.20
神奈川中央交通株式会社
120
1.20
スルガ銀行株式会社
120
1.20
株式会社横浜銀行
120
1.20
その他
3,466
34.70

湘南ベルマーレ 沿革

年度 出来事
1968年 「藤和不動産サッカー部」としてスタート
1971年 日本リーグ入れ替え戦に出場、'72年に1部リーグ入
1975年 チーム名を「フジタ工業サッカー部」に改称。
練習グラウンドを平塚に。
第55回天皇杯準優勝
1976年 日本リーグ3位
1977年 日本リーグ優勝
1978年 日本リーグ3位
1979年 日本リーグ優勝。
第59回天皇杯優勝
1980年 日本リーグ2位
1981年 日本リーグ優勝
1982年 第62回天皇杯準優勝
1983年 日本リーグ優勝
1985年 第65回天皇杯準優勝
1988年 第68回天皇杯準優勝
1990年 チーム名を「フジタサッカークラブ」に改称。
監督に古前田充氏(〜'95)
1991年 ヘッドコーチにニカノール。
日本リーグ2部優勝
1992年 Jリーグ準会員加盟
1993年 JFL1部優勝。
Jリーグ正会員加盟決定
1994年 Jリーグサントリーシリーズ11位(7勝5敗)。
ニコスシリーズ2位(16勝6敗)第74回天皇杯優勝
1995年 Jリーグサントリーシリーズ7位(14勝12敗)。
ニコスシリーズ14位(7勝19敗)。
第6回アジアカップウイナーズ選手権優勝
1996年 監督にトニーニョ・モウラ。
9月から植木繁晴監督に交代。
ヤマザキナビスコカップ決勝トーナメントに進出。
10月2日ニコスシリーズ第22節ジェフ戦でホームゲーム入場者100万人達成。
Jリーグ11位(12勝18敗)。
1997年 呂比須が日本人に帰化。
W杯'98フランス大会アジア最終予選に小島、呂比須、中田が日本代表として、洪が韓国代表として参加。
予選突破に大きく貢献。
Jリーグ1stステージ4位(10勝6敗)、 2ndステージ9位(8勝8敗)
1998年 W杯'98フランス大会に小島、呂比須、中田が日本代表として、洪が韓国代表として参加。
7月、中田英寿がイタリア・セリエAのペルージャに移籍、9月から開幕したリーグ戦で活躍。
Jリーグ1stステージ12位(8勝9敗)、2ndステージ12位(8勝9敗)
1999年 Jリーグ1stステージ、監督に上田栄治。
2ndステージから古前田充に交代。
景気低迷の余波を受け、クラブ経営の規模縮小を断行、若手中心の28名でチーム編成。
新スタッフのもと、勝負に賭けたが残念ながらJ2降格。
Jリーグ1stステージ16位(3勝12敗)、2ndステージ16位(1勝13敗1分)
2000年 親会社「フジタ」が撤退を表明して市民クラブとして生まれ変わる。
J2として、そしてチーム名を「湘南ベルマーレ」となる。
監督に加藤久。
前園・松原など有名選手が加入してJ1復帰を目指したが、チームは低迷。
昇格は夢となった。
J2リーグ8位(15勝21敗1分)
2001年

監督に田中孝司。
J2リーグ8位(20勝4分20敗)
総合型スポーツクラブへの第一歩として湘南ベルマーレビーチバレーチーム発足。

2002年 J2リーグ5位(16勝16分12敗)
湘南ベルマーレトライアスロンチーム発足
NPO湘南ベルマーレスポーツクラブ誕生
トップ >湘南ベルマーレの紹介

Ads by Google

楽天市場

Copyright (C) SHONAN-KING.NET. All Rights Reserved.